【ビリンガム】知る人ぞ知る、英国製カメラバッグの魅力


【Billingham -ビリンガム-】
知る人ぞ知る、カメラバッグの王様、ビリンガム。

創業:1973年
所在地:Birmingham / England

1973年に英国ウェスト・ミッドランド地方の有数の工業都市であるバーミンガムで創業。Billinghamの歴史は、創業前、夫のマーティン・ビリンガムの趣味の写真撮影に使 う機材用バッグを、妻のロス・ビリンガムが手作りしたことからスタートしました。
夫婦二人三脚で作られる バッグは英国伝統のデザイン・スタイルの中にBillingham独自の機能を備えており、現在 では英国を代表するバッグメーカーとなりました。
また長年、ライカとのコラボモデルを 発表している事から“カメラバッグのロールスロイス”と称されるようになったのです。

今回は、ビリンガムのおすすめモデルをご紹介いたします。

【トートバッグ】


[ビリンガム] ネザートントート

ややハリのあるポリコットン生地のトートバッグ。

生地のあいだにフィルムをボンディングしているため水が染み込みづらく表面にも撥水コーティングされています。

A4サイズの雑誌やファイルが入る日常使いに便利なサイズ感は重宝すること間違いなし。ベルトで調節可能な持ち手は肩にかけて持つことが可能です。

軽さと使いやすさをも兼ね備えた大満足のひと品です。

【サコッシュショルダー】



[ビリンガム] サコッシュフラット

サコッシュはいまや定番優秀アイテム。

フラップなしなので、アクセスしやすく中の物をサッと取り出せます。

ショルダーベルトがやや太めです。そのため肩への負担が軽減されるので少々重いものを入れても楽ちんです。軽くて丈夫な作りは、ショルダー部分にもしっかりと感じられます。

トートバッグ同様、ややハリのあるポリコットン生地で、生地のあいだにフィルムをボンディングしており水が染み込みづらく、表面にも撥水コーティングされています。

中のポケットは取り外し可能な上、ポーチに早変わり!
このポーチがなかなか嬉しい大きさと使いやすさなのです。
出張やご旅行の際にも一役買ってくれるハズです。


ビリンガムのアイテム一覧はこちら